第8回「芸術の力」研究会

テーマ:初年次教育におけるデッサンの重要性について語る。-短大各分野におけるデッサン教育のバリエーション-

レポータ:大畑真也 with 短大教員たち

日時:2015年6月23日 16時00分~

場所:第1ゼミ室

概要:「デジタルで何でもコピー可能」な現代において、芸大でデッサンは必要でしょうか?なぜ絵が描けないといけないのでしょうか?そんな質問に、大畑真也先生率いる、短大デザインの教員たちが答えます。ありきたりのデッサン方法だけでなく、目からウロコの新しい技術を伝授してもらえるかも。多くの教職員、学生の参加をお待ちしています!

https://i2.wp.com/sac.kyoto-saga.ac.jp/wp-content/uploads/2015/06/600ae9c222fbadd745e64a65450d79de_m.jpg?w=700